子どもの頃よくした、じゃんけんで負けた人が友達のランドセルを全部持って次の電柱まで歩くというゲーム。子どもって容赦ないから、負けは負け。どんなに重くても「とりあえず次の電柱まで」と踏ん張った。今はそんな風にがむしゃらに歩くことはなくなったけれど、あの頃のように目の前のことを素直に受け入れて前に進み続けることって大切だと気付いた。そんな私の頭の中で渦巻く様々な思いを今はとりあえず少しづつ形にしていきたい。

胸を張って気持ちを伝えた日。

ある危篤な殿方からお誘いを受け、断り続けて早1年。
何回断っても、聞こえてなかったのか?と思う程のアプローチを仕掛けてきてくれるポジティブ君に、本当に無理だから。と言った今夜。

僕ちゃんにチャンスも与えずどうしてNOというのか?
会って一緒に時間を過ごしてそれでもダメならそれまでにするから。

ということで決まった今日のランチだったけど、すっぽかされちゃった(≧∇≦)なんとなく予想してた展開だったから腹も立たず。

それよりも思わずできた自由な時間で掃除に励んだり、考え事したり、昼寝をしたり。とーってもリラックスした日を過ごす事ができた♪ 予定がゴボッと抜けるって、たまにはいいかも!!

でも夕方になって、もしかして病気とか事故とかだったら。。と思い、生きてる?ってメッセージを送ったら、

仕事で出かけなくてはならなくなって、携帯を忘れて。。。と。

うん。そかそか。
生きてたならよし。健康ならよし!

相手に何も悪い事が起きてなかったうえに、私は人生・恋愛・子育て・夢などについて考えるすごくいい時間を持てた。そんな今日にしてくれた彼に、ありがとう!と感謝している旨を伝え、私たちはランチデートすることもなく終わってしまった。

ダメですというのもなかなか大変だけど、でもはっきり言えた今日はやっぱりお互いにとっていい日だな。息子の関係でこれからも週に1、2回会わなければいけないのが玉に瑕だけど。。。

お互い前を向いて行こう!!