子どもの頃よくした、じゃんけんで負けた人が友達のランドセルを全部持って次の電柱まで歩くというゲーム。子どもって容赦ないから、負けは負け。どんなに重くても「とりあえず次の電柱まで」と踏ん張った。今はそんな風にがむしゃらに歩くことはなくなったけれど、あの頃のように目の前のことを素直に受け入れて前に進み続けることって大切だと気付いた。そんな私の頭の中で渦巻く様々な思いを今はとりあえず少しづつ形にしていきたい。

Fun Friends Sydney

ラジオ体操で、日本へ行くぞ!

ラジオ体操、最近いつしましたか? 私は今朝。バス停で(笑)むっ君にとりあえず上半身の動かし方を細かく説明しながらの体操。 これ、大人になってやるのと高校生ぐらいまででやってたのと、全く感じ方が違うの、世の中では知れてることなのかしら???か…