子どもの頃よくした、じゃんけんで負けた人が友達のランドセルを全部持って次の電柱まで歩くというゲーム。子どもって容赦ないから、負けは負け。どんなに重くても「とりあえず次の電柱まで」と踏ん張った。今はそんな風にがむしゃらに歩くことはなくなったけれど、あの頃のように目の前のことを素直に受け入れて前に進み続けることって大切だと気付いた。そんな私の頭の中で渦巻く様々な思いを今はとりあえず少しづつ形にしていきたい。

2016-05-14から1日間の記事一覧

やれない事は言わない方がいいということ

片親生活は楽しい!だけど、やっぱり負担も不安も多いわけで。。。ホルモンの関係も手伝ってか、むっ君の言動1つ1つに腹が立ってしまう時がある。どおってことない事なのにイラっとしたり、私の思い通りにならなくてムカッとしたり。挙げ句の果てに7歳の息…